ごあいさつ

代表取締役 高丸喜文

知多半島大府市で『うまい納豆!』という感動にこだわり続けて納豆一筋に30年悪戦苦闘の毎日でした。
あるお豆腐屋さんとの出会いが私の人生を変えました。ある日突然、「岩手に行かない?」「えっ?何しにいくの?」と最初は思いました。その時、その方が、「キミ、大豆がどの様にできるか知ってる?」と聞かれ何も言えないのがその時の私でした。

『大豆なんか問屋で買えるでしょ』と皆さん思われるでしょうね。しかし大半の大豆扱いメーカーさんは、以前の私と同じ現状です。

岩手に赴き感動でした!この大自然の中農家の皆さんが真剣に大豆に取り組む姿勢・思い・情熱、どれをとっても感動と自分自身の不甲斐無さにきずきました。それ以来、大豆を見る度に岩手の大豆畑の風景が思い浮かびます。

近年納豆作りも機械化が進み『本物の納豆』が減って降ります。納豆とは、醗酵食品です。コマ目に人の手を加えてこそ真の醗酵食品です。納豆作りで大事なのは、1に原料選び・2に努力・3に情熱です!私の喜びは、『あ~この納豆うまいな!』のお客様の一言の喜びの為日々大豆と格闘中で御座います。まだまだ若輩物では御座いますが目指すところは、日本一、皆さんに喜びと感動していただける納豆屋です!

会社概要

会社名 有限会社 高丸食品
代表取締役 高丸 喜文
本社所在地 〒474-0055 愛知県大府市一屋町1丁目80番地
地図を見る
TEL 0562-46-5025
FAX 0562-48-1205
E-mail shop@takamarusyokuhin.com
創立 1963年4月1日
資本金 300万円
従業員数 16名(男子6名/女子10名)※パート含む
事業内容 納豆の製造及び販売
食品移動販売事業(買い物難民救出計画)
取引金融機関 名古屋銀行/三菱東京UFJ銀行

受賞歴

2018年2月23日

第23回全国納豆鑑評会
国産中粒納豆

第1位 最優秀賞・農林水産大臣賞受賞

  • 国産中粒納豆
  • 最優秀賞 たて
  • 最優秀賞 賞状
  • いちずに納豆大粒
  • 2015年2月28日

    第20回全国納豆鑑評会(大粒・中粒部門)
    いちずに納豆大粒

    水戸市長賞受賞

2014年2月21日

第19回全国納豆鑑評会(小粒・極小粒部門)
国産小粒 心

特別賞・東海農政局長賞受賞

  • 国産小粒納豆3P
  • 国産小粒納豆3P
  • 国産小粒納豆3P

2014年2月21日

第19回全国納豆鑑評会(大粒・中粒部門)
いちずに納豆大粒

全国第2位優秀賞・農林水産省食料産業局長賞受賞

  • いちずに納豆大粒
  • いちずに納豆大粒
  • いちずに納豆大粒
  • いちずに納豆大粒
  • 2007年2月23日

    第12回全国納豆鑑評会(大粒・中粒部門)
    いちずに納豆大粒

    全国第2位優秀賞・農林水産省総合食料局長賞受賞

メディア

2018年3月14日|AMラジオ・ニッポン放送の「上柳昌彦 あさぼらけ」にて紹介されました

  • 上柳昌彦 あさぼらけ
  • 日本一に選ばれた納豆を作った男性の物語

    この度「日本一に選ばれた納豆を作った男性の物語」と題して、弊社代表 高丸喜文のストーリーが、ニッポン放送『上柳昌彦 あさぼらけ』で放送中の朗読コーナー『あけの語りびと』で紹介されました。よろしければご視聴くださいませ。

    音声を聴く

2015年2月1日|大府商工会議所会報(Vol.155)に掲載されました

  • 大府商工会議所会報
  • 大府ブランドを世界に

    2015年2月1日発行の大府商工会議所会報(Vol.155)において「大府ブランドを世界に」ということで、2014年2月21日に第19回全国納豆鑑評会にて全国第2位優秀賞(大粒・中粒部門)農林水産省食料産業局長賞受賞の「いちずに納豆大粒」と、特別賞(小粒・極小粒部門)東海農政局長賞受賞の「国産小粒納豆3P(心)」のご紹介をさせて頂きました。

    表紙の全てを見る

中部経済新聞 知多・尾張版に掲載されました

  • 中部経済新聞 知多・尾張版
  • 移動販売車増やし直販強化

    納豆メーカーの高丸食品は、直販を強化している。移動販売車を5台に増やし、大府市内はじめ知多半島のほか、名古屋市などにも販売を開拓。将来的には10台まで増やす方針。

    同社は1963年設立。「寿納豆本舗」のブランド名で、国内産大豆を使用して製造全工程を手作業で行うなどのこだわり納豆十数アイテムを展開している。JAあいち知多の大府市内の産直店舗や「あぐりタウンげんきの郷」向けに販売しているほか、学校給食向けに卸売りしている。

    記事全文を読む

2014年10月27日|中日新聞 知多・尾張版に掲載されました

  • 中日新聞
  • 材料吟味 日本一の納豆を

    住宅街の一角にある高丸食品の納豆工場。建屋内は、圧力釜のふたが開くと、白い蒸気とともに、蒸し上がった大豆のやや甘く香ばしい香りが広がる。「発酵食品の納豆は生き物。おいしさや品質にこだわり、満足できるものだけを提供する」。高丸喜文(よしゆき)社長は胸を張る。

    北海道と地元・愛知県産の大豆を使い、ほぼ手作業で作る。価格は他社の倍以上だが、製品への評価は高く、納豆の日本一を決める「全国納豆鑑評会」で、2007年と2014年に全国2位となる優秀賞(大粒・中粒部門)を受賞した。

    記事全文を読む

有限会社高丸食品